交通事故に遭ったらするべきこと

交通事故は保険が適応される

まずは警察に連絡

どんな小さな事故でも、交通事故に遭った場合は、警察に連絡しなければいけません。

ほとんどケガもしなかったし、車も故障しなかったから、連絡しなくても良いだろうと自己判断し、事故後しばらく経ってから、身体に痛みが出たり、車に故障が見つかっても、交通事故との因果関係を証明することができないので、自賠責保険を使うことができません。

病院で検査、診断書を発行してもらう

交通事故に遭ったらレントゲンを撮りましょう交通事故後、どこも痛くなくても、自分が想像する以上に、大きな衝撃を受けていますので、必ず病院・整形外科でレントゲン写真を撮ってもらい、診断書を発行してもらいましょう。

交通事故後、しばらく経ってから、身体の不調が出た場合、診断書がないと、その不調が事故と関係あるものなのかの証明ができずに、損害賠償を請求することができなくなります。

当整骨院で一日も早く交通事故治療を始めましょう

事故後10日以上過ぎると、自賠責保険がおりない場合があります

交通事故による、むち打ちやその他の不調はできるだけ早いうちから施術を行うことで後遺症の可能性が低くなり、通院の期間も短くてすみます。交通事故にあった後に体の不調が出た場合も、すぐにご来院ください!

示談はよく考えて!

交通事故の直後からしばらくは、精神的な動揺から体の痛みや不快感などの異変に気づきにくい状態にあります。事故後まもなくしての医療機関での診察で「異常なし」と診断されても、後から痛みが出たり、原因のわからない不快感や不調に悩まされることもあります。交通事故が原因の症状のすべてが事故直後から出てくるわけではありません。

「たいした事故ではなかったから警察には通報しなくてもいいだろう」
「次の掛け金が高くなるから保険会社に連絡したくない」などという安易な自己判断で示談にしてしまうと事故の証明が発行されず、自賠責保険も適用されません。ですから、示談後に事故の影響による体の不調を感じて病院に行っても交通事故によるものとは認められず、被害者であっても自己負担で通院することになります。

交通事故の際の警察への通報は、義務づけられています。そして事故の状態を関係者で確認し把握しておくことも必要です。事故証明は後から問題が発生したときには必ず必要になります。交通事故では後になって思いがけないことで問題が出てくることもよくあることですから、安易に示談にせずにその後に対する備えをきちんと行いましょう。

当院では、交通事故でただでさえつらい状況のなかで、さらに余計な心配やご負担で悩まれることのないように、保険会社との対応や書類のご相談など、しっかりとサポートさせていただいております。ご不明なことがあれば、お気軽にご相談ください。

Line無料相談受付中